茶碗

茶碗 ( ちゃわん )

茶を入れる陶磁製の碗。
茶の湯では、天目形・沓(くつ)形などの茶碗が用いられる。

奈良時代から平安時代にかけて、お茶と共に日本に伝来した。
井戸茶碗
16世紀の李朝時代の民窯で雑器として焼かれた朝鮮茶碗の一種。
楽焼
16世紀の天正年間、利休の考えにより、京都の楽家、初代長次郎が作ったのが始まり。
やわらかい土を手捏ねして焼き上げる。
手捏ねのための見た目の不安定さの中にあるどっしりとした安定感あるが、とてももろい茶碗でもある。
唐津焼
平安時代、肥前国で広く焼かれていた茶碗で、素朴さの中にずっしりとした重厚さがある。
萩焼
長門国(山口県)萩市で毛利輝元が朝鮮陶工を庇護して焼かせたのが始まり。
高麗茶碗、井戸茶碗、粉引系の白濁釉のかかったものが多く、肌合いも温かく、扱いやすい上に気品のある茶碗である。
九谷焼
釉上着画色絵物が多く、色彩も美しく、お茶も点てやすい。
絵柄が豪華すぎるものは茶道具としては適切ではありません。
織部焼
現在の岐阜県土で桃山時代に焼かれた陶器で、古田織部の指導で造られたと言われている。
意匠が斬新で自己主張も強く、侘びの茶道という観点から見ると、抹茶茶碗としては不向きな部類に入るでしょう。
志野焼
安土桃山時代に古田織部の指導で作られたといわれる、瀬戸系窯で焼かれた白釉手の雑陶。
重量感はありますが、底が広すぎるために茶筅を振る深さに必要な量のお茶となると、とても点てにくい茶碗と言えます。
砥部焼
愛媛県伊予郡砥部町の磁器で、青白い白磁が特徴である。
磁器でありながら、物によっては陶器のように扱いやすい茶碗で、硬さがあり、茶道の初心者でも安心して扱える茶碗です。
常滑焼
平安末期から鎌倉時代の茶碗で、自然釉を使い、質素で硬さのある茶碗です。
江戸時代以降は朱泥の陶器で知られる。