茶托

茶托 ( ちゃたく )

茶を客に出すときに、茶碗をのせる小さな受け皿。
当初は茶台とよばれ、円形で脚のついたもの、鐔(つば)のあるものなど、形状は種々でおもに漆器であった。
茶托という名称は、おもに江戸中期からの煎茶(せんちゃ)の流行に伴い、煎茶道具の一つとして一般化した。
この意味での茶托は、錫(すず)製を最上とし、円形の木瓜(もっこう)型、楕円(だえん)型など、さまざまな種類がある。