茶杓

茶杓 ( ちゃしゃく )

抹茶をすくう細長いさじ。
主として竹製であるが、象牙(ぞうげ)・塗り物・木地・鼈甲(べっこう)・金属製などもある。
象牙または竹の節なしを真(しん)、竹製で切止め近くに節のあるものを行(ぎょう)、中心に節のあるものを草(そう)とする。

薬用の象牙の匙を転用することから始まった。
これは櫂先(かいさき)が笹の葉状に広く、手元を球状にして擦りつぶすための用をなすようにしてある。
この形を竹で模したものや、象牙材でも櫂先を細くし、手元の球を省いた形に変えたものが用いられ、さらにこれを竹材で簡素化したものが一般となった。
この両者が茶杓の〈真〉の位である。
竹の真の茶杓は無節であるが、切留(きりどめ)に節をみせる元節(もとぶし)(留節(とめぶし))を〈行〉の位にし、さらに節を真中にする中節(なかぶし)を〈草〉の位とする。

筒には作者の署名や花押(かおう)、句銘や歌銘のほか、趣向によって各種の銘が書かれていることが多く、茶杓とともに筒も鑑賞するのが普通である。