茶箱

茶箱 ( ちゃばこ )

旅行や野点(のだて)などのとき、茶道具一式を入れて持ち運ぶための箱。
野外で茶をたてる時などに茶具を携行するための箱。
茶碗(ちゃわん)、茶杓(ちゃしゃく)、茶筅(ちゃせん)筒,香合などを入れる。

点前(てまえ)に必要な最少限度の道具一式を仕込んだ携帯用の箱。
旅行の際や野点(のだて)用に考案されたもので、茶人の好みによって種類は多い。
携帯用の茶具としては古くからあったと考えられ、利休(りきゅう)所持の蒟醤(きんま)茶箱が伝来している。
しかし茶人の好みとしては利休形が最初である。
元来茶箱には定まった点前はなかったが、裏千家11世玄々斎精中宗室によって「雪月花(せつげつか)」および「卯(う)の花点(はなだて)」の点前が考案されたことにより、裏千家に好みが多い。