佛畫

佛畫 ( ぶつが )

仏伝・経説など仏教に関する内容をもち、信仰の対象として仏像を描いたものをいいます。
従って仏像を描いても現代の如く信仰の対象としてではなく鑑賞本位に描かれたものは仏画の中に含みません。
仏画はこのように信仰のために作られたものであるので、用材にも清浄なものが選ばれ、御衣絹加持(みそぎかじ)の如き儀式も行われました。