文展

文展 ( ぶんてん )

「文部省美術展覧会」の略称。
明治40年(1907)創設の最初の官展。
大正8年(1919)帝国美術院展覧会(帝展)に改組され、昭和12年(1937)には帝国美術院の廃止にともない復活。
昭和21年(1946)に日本美術展覧会(日展)と改称。

官展ともいう。
官展とは、各美術団体が行う展覧会に対して、政府が主催する美術展覧会。
1907年政府が美術振興政策として文部省に美術審査委員会を設け、文部省美術展覧会(文展)を開催したのが最初。

1907年(明治40)に創設された文部省美術展覧会の略称。
日展とは、日本美術展覧会の略称で、文展を継いで1946年に発足、58年から社団法人日展が運営している。
1907年に文展(文部省展覧会)として出発した官展は、19年に帝展、37年に新文展に改まり、45年の敗戦を迎えたが、46年春、文部省主催による日本美術展覧会すなわち日展として再出発した。