文化財

文化財 ( ぶんかざい )

人間の文化的、生活的活動によって生み出され、残されているもののうち、特に歴史的、文化的価値の高いものをさす。
一般的に、その範囲は、建築、美術をはじめ、古文書その他の考古資料、演劇、音楽、祭礼、生活用具などの民俗資料、学術的に重要な理科学資料、また、形には残らないが伝承される技術としての無形文化財などがある。
これらの文化財は各国とも各種法令による管理、あるいは各種博物館、研究所などの施設によって収集、保護を行なっている。

文化財という語の意味する内容を次のように分類し、定義づけている。
有形文化財とは、建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の有形の文化的所産で、わが国にとって歴史上または芸術上価値の高いもの、および考古資料ならびに学術上価値の高い歴史資料。
無形文化財とは、演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で、わが国にとって歴史上または芸術上価値の高いもの。
民俗文化財とは、衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗慣習、民俗芸能およびこれに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で、わが国民の生活の推移の理解のために欠くことのできないもの。
記念物とは、貝塚、古墳、都城跡、城跡、旧宅その他の遺跡で、わが国にとって歴史上または学術上価値の高いもの。庭園、橋梁(きょうりょう)、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地で、わが国にとって芸術上または観賞上価値の高いもの、ならびに動物・植物、地質・鉱物で、わが国にとって学術上価値の高いもの。
文化的景観とは、地域における人々の生活または生業および地域の風土により形成された景観地で、わが国民の生活または生業の理解のため欠くことのできないもの。
伝統的建造物群とは、周囲の環境と一体をなして歴史的風致を形成している伝統的な建造物群で価値の高いもの。