文化勲章

文化勲章 ( ぶんかくんしょう )

他にぬきんでて文化の発達に功績の著しい者に授与される勲章。
綬 (じゅ) によって胸部中央に吊下げるものとされている。

芸術や学問など、文化の発達にめざましい功績をあげた人に授与される勲章。
毎年11月3日の文化の日に授与式が行われ、天皇陛下から直接、橘の中央に曲玉をデザインした勲章が贈られる。
文化勲章の授与が始まったのは、1937年2月に文化勲章令が制定されてから。
受章の候補者は、文化功労者の中から選ばれるしくみになっており、大学教授や文化施設長らがメンバーの文化審議会の意見を聞いた上で、文部科学大臣が選考し、内閣総理大臣に推薦を行い閣議決定される。
第1回の文化勲章は、日本画家の横山大観、物理学者の長岡半太郎など9人が受章した。

学問・芸術など文化の向上・発展に多大な貢献をなした人に授与される勲章。
昭和12年(1937)に制定。
橘(たちばな)に勾玉(まがたま)を配した形で、綬(じゅ)(リボン)は淡紫色。受章者は原則として文化功労者の中から選考される。