文化遺産

文化遺産 ( ぶんかいさん )

その社会の歴史のなかで長期間にわたって維持継承されてきた文化要素の総体。
物質文化 (道具、機械、建築物、道路、上下水道など) と、精神文化 (哲学、芸術、科学技術、社会思想など) 、制度的文化 (習俗、慣習、制度、法律など) などに区別される。

前代から現代に伝わってきた、また、将来継承されるべき文化・文化財。

現代にまで残され、将来に継承されるべき、過去の時代の文化財。

人類の文化的活動によって生み出された有形・無形の所産である。
文化的所産の中でも特に、価値が高く、後世に残すべきと考えられているものを指していうことも多い。
広義では人類の文化的活動によって生み出された建造物、遺跡、美術品、音楽、演劇などの有形(不動産・可動文化財)・無形の文化的所産のことをいう。