仏教美術

仏教美術 ( ぶっきょうびじゅつ)

仏教美術は大きく大別して、仏像、仏具、絵画、があります。
美術品の中では歴史も古く、江戸時代や室町時代の作品では、古くても大きな評価をされる品物は少なく、西暦1000年頃の平安時代の作品に高価な品が多くあります。
また、仏像やその他の作品にも時代の約束事のようなものがあり、例えば、一般的に、仏像の中がくりぬかれているものは古く、顔の面が前のほうで割れている作品は新しく、後ろのほうで割れている作品は古いというように聞いております。

仏教の展開に応じて行われた(釈迦関係、大乗仏教、密教、浄土教、禅宗、垂迹) 仏教のための造形美術、寺塔建築、仏教彫刻、仏教絵画、法具、その他の工芸等。

仏教建築・仏教絵画・仏像・仏具など、仏教に関係する美術品の総称です。