ベロ藍

ベロ藍 ( べろあい )

合成呉須の一種です。
酸化コバルト青で、ドイツ人ワグネルによって実用化されました。
青みが強く、あまり上質ではありません。
すごく真っ青な青で、一般的には嫌みのある濃い青い色で、芸術性が無い色合いのこと。
日本では明治時代の中頃から終り頃、また昭和初期頃にかけてよく使われていました。