万暦赤絵

万暦赤絵 ( ばんれきあかえ )

中国の明代万暦年間に景徳鎮で焼かれた赤絵磁器。
絢爛で濃麗な意匠がわが国の茶人に好まれて茶器としても用いられ、また肥前の磁器の手本ともされました。
中国で作られた赤絵の焼き物で、赤絵の中でも特別に優れた赤絵で、日本で人気があり、日本の多くの窯元が磁器の赤絵の見本とした。