万暦赤絵

万暦赤絵 ( ばんれきあかえ )

中国の明代万暦年間に景徳鎮で焼かれた赤絵磁器。
絢爛で濃麗な意匠がわが国の茶人に好まれて茶器としても用いられ、また肥前の磁器の手本ともされました。
中国で作られた赤絵の焼き物で、赤絵の中でも特別に優れた赤絵で、日本で人気があり、日本の多くの窯元が磁器の赤絵の見本とした。

中国美術品は江戸時代や明治時代、また昭和初期に結構日本にも入ってきており、特に茶湯の世界の人々が、唐物や古渡り、と言って大切にされてきた歴史もあり、日本にも中国美術品が多く眠っています。
中国美術品を簡単に大別しますと、陶磁器の青磁にみられるように、時代や産地により大別されておりますが、もう一つ大きな大別方法がとられています。
官で作られた品物(その時代、その時代の王室で作られた品物)を官窯や官製と言い、非常に効果に取引されております。
日本で言いますと、鍋島の陶磁器です。
寸分の違いのなく非常に細密で、丁寧に作られ、色合いも豊かで、少しの失敗作もゆるされず、そのような品物は廃棄処分されました。
やはり王室が作られた品物で、数は少なく、偽物も多く出回っております。
作品の裏側に書かれたり、押されたり、彫られたりした年号の文字も、寸分の狂いもなく、整って美しく作られています。
その種類は、書、彫刻、陶磁器、絵画、等々いろいろな作品が残されております。
また、反対には、民用と言って民間で作られ、一般の人々が使っていた品物があります、これらの品物は、特別高価に取引されている品物はありません。