幕末の 三筆

幕末の三筆 ( ばくまつさんぴつ )

江戸末期に活躍した市河米庵(いちかわべいあん)、貫名海屋(ぬきなかいおく)、巻菱湖(まきりょうこ)の3人。いずれも職業書家として一家をなし、江戸の唐様を代表する能書家である。
江戸時代の末期に活躍した三人の書家のことです。
今ではほとんど人気が無く、価格も安く人気がありません。