アタリ

アタリ

陶磁器や陶器の事で、胴の部分に他の物が当たってできた放射状のニュウと釉薬のキズのこと。
骨董的には、大きな傷では無く、少しの傷のことで、本当に小さく少しだけ当たって出来た傷のこと。
アタリ以外で、同様の傷のことをホツとも呼びます。
骨董的には大概の場合は、陶磁器の上にかけられた釉薬のみに傷が放射状に入っている場合のことです。