アール・ヌーボー

アール・ヌーボー

19世紀末に流行したスタイル。
植物の形からヒントを得た、曲線や当時としては大胆な色彩が特徴。
それまでの様式を超える斬新なものとして世界的に流行した。
ラファエル前派やアート・アンド・クラフツを前提としている。