有田焼

有田焼 ( ありたやき )

佐賀県有田町で産する磁器。
付近一帯で焼かれる吉田焼・志田焼などとともに、近くの伊万里港から船で各地に積み出されたので、これらは総称して伊万里焼とよばれている。
元々は17世紀初頭、豊臣秀吉が朝鮮の陶工、李参平(りさんぺい)を連れて帰り、有田東部の泉山で白磁鉱を発見して焼いた陶磁器で、伊万里焼と同じ産地で同じ種類の物。

有田焼には3つの代表的な様式があります。
1つ目は肥前有田で江戸期に生産された、濃い染付と、金襴手と呼ばれる赤や金の絵の具を贅沢に使った模様からなる「古伊万里様式」です。
2つ目は濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の背景に余白を十分に残しながら、色鮮やかな赤・青・緑・黄で草花文様や動物文様を控えめに配置し、独特の調和美を格調高く見せている「柿右衛門様式」です。
3つ目は佐賀県一帯を統治していた鍋島藩の御用か禁裡、幕府への献上用として作られた「鍋島藩窯様式」です。

現在の有田焼も昔と同様に食器や美術工芸品の生産が中心ですが、タイル、碍子、耐酸磁器など工業製品の製造も行われています。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。