有田焼

有田焼 ( ありたやき )

佐賀県有田町で産する磁器。
付近一帯で焼かれる吉田焼・志田焼などとともに、近くの伊万里港から船で各地に積み出されたので、これらは総称して伊万里焼とよばれている。
元々は17世紀初頭、豊臣秀吉が朝鮮の陶工、李参平(りさんぺい)を連れて帰り、有田東部の泉山で白磁鉱を発見して焼いた陶磁器で、伊万里焼と同じ産地で同じ種類の物。

現在の有田焼も昔と同様に、食器や美術工芸品の生産が中心ですが、タイル、碍子、耐酸磁器など工業製品の製造も行われています。