青瓷

青瓷 ( あおし )

「加うるに薬石をもってし、色に光沢あり」とあって、釉薬を施した陶器を指している。奈良時代の文書には瓷、瓷鉢、瓷油坏などの文字が見えるが、平安時代に入ると、867年(貞観9)の《安祥寺伽藍縁起資財帳》や950年(天暦4)の《仁和寺御室御物目録》に青瓷薫呂、青瓷鉢、白瓷盤などの記載があって、瓷器に青瓷(あおし)と白瓷(しらし)の2種のものがあったことが知られる。青瓷は1117年(永久5)の正倉院文書《綱封蔵見在納物勘検注文》では青子の文字を用いており、アヲシと呼ばれて三彩、緑釉陶器を指している。

三彩とは、緑色や褐色など3種類のうわぐすりをかけて彩色を施した陶器。中国の唐代に作られた「唐三彩」が有名。器や人物、動物などがあり、墓の副葬品に使われることが多い。唐に先立つ北斉の鉛釉陶器がルーツとされ、北方の遊牧騎馬民族がシルクロードを通じて西域の文化をとり入れ、漢民族の文化と融合させたとの見方もある。日本では奈良時代に唐三彩をまねた「奈良三彩」が作られた。
日本でも奈良~平安時代初期に作られていたが、唐三彩が最も有名。渤海や日本の正倉院に伝わる壺、鉢、皿などの三彩は唐三彩を模したものであるが釉調、作風、胎土などは唐三彩に及ばない。また平城宮、平安宮などから瓦、鉢などの三彩が出土し、古窯址も発見されて、日本でも三彩を生産したことが実証された。
陶器の加飾法の一つで、その加飾された陶器をも指す。三彩は三色で彩られることを意味するが、陶磁用語としては釉色の数にはかかわらず、一つの器に2種類以上の色釉がほどこされたはなやかな陶器をさす。