青貝細工

青貝細工 ( あおがいざいく )

漆器面に薄貝を用いて、種々の文様を散りばめたもの。
文様の作り方には小刀や針先で切り抜く方法、模様の形に作った鏨(たがね)で打ち抜く方法、および稀塩酸を塗って模様以外の部分を腐蝕させる方法があります。
富山県高岡市の青貝細工が有名です。
中部地方では、昔から青貝細工が有名で、多くの作品が眠っています。
骨董品買取の中でも、この地方の作品は細工が細かく丁寧で、貴重な品物で、高価買取対象になります。