安南焼

安南焼 ( あんなんやき )

古く安南とよばれたベトナムの陶磁器をいう。
ベトナムは早くから中国の影響をうけ、製陶のさかんだったところで、12、3世紀ごろには宋風の青磁や白磁が焼かれ、15、6世紀には元、明(みん)の染付、赤絵の影響をうけて、すぐれた染付や赤絵を焼いており、その製品は、東南アジア一帯にいきわたっている。
日本の茶人が古くから安南焼きとよんで珍重しているのは、17世紀ごろ御朱印線などによって運ばれたベトナムの染付や赤絵で、安南絞手(しぼりて)、安南蜻蛉(とんぼ)、紅安南などとよばれるものである。
茶碗が多いが、水差しや花生けもある。染付は呉須が流散しているものが多いため、俗に絞手とよばれ、トンボを描いたものがとくに有名。紅安南は赤絵のことでまれに金彩を加えたものがある。
これらの安南焼はすべてねばりのある細かい灰白色の素地で、底に茶褐色の渋釉(しぶぐすり)を塗ってあるのが特徴とされている。

ベトナムで作られた陶磁器の総称です。
安南呉器(ごき)・安南青磁・安南染め付け・紅安南などがあります。
無地安南と呉須安南の二種があり、日本に古く渡来したものは茶人の間で珍重されています。