行灯

あんどん

アンドンの語は「行灯」の宋音で、室町時代に禅家によってひろめられた言葉で、携帯用の灯火という意味で使われた灯火具の総称。
油用灯火具の一つで、油皿の周囲に立方体または円筒形の框(わく)をつくり、これに紙をはり、風で灯火が吹き消されたり、ゆれ動くのを防ぐようにした。
当初は立方体の框に紙をはり、底板に油皿をおき、上部に取っ手をつけ、手に提げて持ち運びをしたが、
江戸時代にはいって、携行用具として、ろうそくを灯す手職(てしょく)提灯(ちょうちん)が普及するに及んで、屋外に行灯を持ち歩くことはすたれた。
しかし、灯台にかわって行灯は屋内に据え置く灯火具として使用されるようになり、構造も各種の用途にしたがって多種多様の型が。