飴釉

飴釉 ( あめゆう )

鉄分を含んだ釉 (うわぐすり) の一種で、酸化焼成で褐色になる釉薬のことです。
木灰、藁灰、長石、あか粉などを調合したもので、飴色に発色する。
食べる飴のような、柔らかい感じの発色や見た感じが食べる飴のように見える釉薬のこと。
発色にバラつきがあり、釉ムラが出やすいのが飴釉の特徴です。

代表的なものとしては、朝鮮の古陶磁、古唐津、古瀬戸や益子焼・笠間焼などの民芸陶器、そして石川県の陶芸家・大樋長左衛門の作品によく用いられています。
初代大樋長左衛門は、軟らかく粘り気のある飴釉という茶褐色の釉薬を使用し、手捏ねと箆削りにより、素朴ですが雅味のある茶陶を特色としています。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。