飴釉

飴釉 ( あめゆう )

鉄分を含んだ釉 (うわぐすり) の一種で、酸化焼成で褐色になる釉薬のことです。
木灰、藁灰、長石、あか粉などを調合したもので、飴色に発色。
食べる飴のような、柔らかい感じの発色や見た感じが食べる飴のように見える釉薬のこと。
発色にバラつきがあり、釉ムラが出やすいのが飴釉の特徴です。