アマ手

アマ手 ( あまで )

焼成が不十分なために、表面全体に貫入(カンニュウ)が入ってしまった物のこと。
焼成時における素地と釉薬との収縮率の違いから生じます。
叩くと鈍い音がします。
九州では無キズとして扱うようです。
アマ手と言われる陶磁器は、食べ物の色や汁が染み込み黒くなっていくこともある。
見た目も悪く一般的には安く売られている。