雨漏手

雨漏手 ( あまもりで )

朝鮮の茶碗(高麗茶碗)の一種で、長年の使用により茶碗の内側に灰や紫色の浸みができ、それが天井や璧にできる雨漏の浸みのように見えることから、茶人がそう呼び慣らすようになりました。
粉引茶碗に多く見られます。
このように長年使用されたり年月が経って自然にできた模様もまた、茶人や骨董的には、魅力があり人気があります。