雨漏手

雨漏手 ( あまもりで )

朝鮮の茶碗(高麗茶碗)の一種で、長年の使用により茶碗の内側に浸みができ、それが天井や璧にできる雨漏の浸みのように見えることから、茶人がそう呼び慣らすようになりました。