赤膚焼

赤膚焼 ( あかはだやき )

奈良市五条町付近で産する陶器。
赤膚山焼、五条焼ともいう。
陶土は西の五条山 (赤膚山) から運ばれる。
白い土質で、淡い赤みを帯びた灰白釉をかけ、京焼風の上絵付けをする。
江戸時代初期には遠州七窯の一つに数えられた。
生産は現代まで続いているが数次の断続があり、天保年間 (1830~44) の奥田木白 (もくはく) の作品が最も優れている。

奈良市の五条山(赤膚山)付近で作られる陶器。
遠州七窯(えんしゅうなながま)の一つ。
天正年間(1573~1592)に始まるが、茶陶としては寛政以後。

奈良市五条町の陶器。
五条焼、尭山(ぎょうざん)焼とも。
創業は天正説、享和説、遠州七窯説などあるが不明。
江戸中期、柳沢尭山(郡山城主)のころ再興され、名工木白(もくはく)(柏屋武兵衛)〔1799-1870〕が出てから有名になった。

奈良市・大和郡山市で製作されている。
小堀遠州の好んだ遠州七窯の一つに数えられる。
大和五条山附近一帯の土は製陶の素材として適し、古くからの窯業地。土器・火鉢などの製作が盛んにおこなわれていた。
その後、安土桃山時代に茶の湯がおこると、茶道具がつくられるようになった。
乳白色のやわらかい風合いと奈良絵文様などが特徴。
現在は、花瓶・茶器・水指など多様な作品がつくられている。
奈良県伝統的工芸品。