赤絵

赤絵 ( あかえ )

磁器の一種。
錦手、五彩、色絵などとも呼ばれ、多くの種類がある。
釉薬をかけて、高火度で焼き上げた白磁の器面に、赤、緑、黄、青、黒などに発色する上絵の具で模様を描き、錦窯(きんがま)と呼ばれる小型の窯に入れて低火度で焼きつけたものをいう。
この手法を上絵付けといい、これを陶器に応用したものが色絵陶器である。
赤絵は中国で特に発達し、その影響を受けて、ベトナムや日本でもつくられるようになった。
最古の赤絵といわれる赤絵は、中国の宋代で13世紀につくられた宋赤絵である。
明代初期には中国最大の磁器の生産地である景徳鎮でつくられ、宮中の御用品とされた。
特に成化年間のものが優れていたとされているが、現在に残っているものはまれである。
また、明代中期には、濃い赤や緑を使った古赤絵(こあかえ)と呼ばれる赤絵が大量につくられ、金彩を加えた金襴手(きんらんで)と呼ばれる豪華な赤絵の他、様々な技巧をこらした赤絵が生まれた。
ベトナムの赤絵は安南赤絵といわれ、15~6世紀頃につくられ、黄ばんだ軟調の生地と、柔らかい筆使いに特徴がある。
また、日本の赤絵は中国に次いで世界に名高く、最初の赤絵は寛永、正保(1624~47)のころ有田の陶工、酒井田柿右衛門が長崎在住の中国人に学んで創始したものといわれている。
その技法はまもなく有田一円に広まり、有田には赤絵町が生まれ、製品は伊万里や長崎の港から、日本はもとより、遠く海外にも大量に輸出された。