会津塗

会津塗 ( あいづぬり )

福島県会津若松市特産の漆器。
蒲生氏郷(がもううじさと)が1590年(天正18)に領主になってつくられたといわれるが、それ以前の室町時代の領主芦名(あしな)氏も漆苗の栽培を奨励し、ろくろ曵きに赤や黒の漆を塗った箱盆や木鉢類をつくったという記録がある。
現在も日本有数の漆器の産地で、朱、緑、黄の色漆で松竹梅などを描き、方形や短冊型の金箔を置いたものや、消粉蒔絵によるものが多く、これらは江戸時代からつくられていた。