抽象

抽象( ちゅうしょう )

事物または表象からある要素・側面・性質をぬきだして把握すること。

non‐figurative art(非具象芸術)、non‐objective art(非対象芸術)の語も用いられるが、それらの区別は必ずしも厳密ではない。絵の中に描かれたリンゴは現実のリンゴではないことからもわかるように、ある意味では美術とはすべて抽象であるということもできる。しかし近代美術において〈抽象〉という場合、普通は〈現実世界を再現、または思い起こさせることのない〉(フランスの美術批評家、画家スーフォールM.Seuphor)美術を指す。