カテゴリー: 骨董用語集

茶の湯

茶の湯( ちゃのゆ )

客を招き、抹茶をたてて楽しむこと。また、その作法や会合。

喫茶を中心とする宴の芸能として発展した日本独特の生活文化。室町時代にその発生展開をみたときには〈数寄〉〈茶の湯〉などと呼ばれた。江戸時代初期に芸道意識が強まって〈数寄道〉〈茶道〉の語が生まれ、今日では〈茶の湯〉〈茶道〉が一般的である。両者はほぼ同義であるが、茶道には精神性や修行性がより強く響くので、近年は茶道のほうが広く使われている。

茶道
茶の湯によって精神を修養し礼法を究める道。鎌倉時代の禅寺での喫茶の儀礼を起源として、室町時代の村田珠光(むらたじゅこう)に始まり、武野紹鴎(たけのじょうおう)を経て千利休(せんのりきゅう)が大成、侘茶(わびちゃ)として広まった。利休後は表千家・裏千家・武者小路千家の三千家に分かれ、ほかに多くの分派がある。現在では、ふつう「さどう」という。

茶道とは、伝統的な様式にのっとって客人に抹茶をふるまう事で、茶の湯とも言う。茶を入れて飲む事を楽しむだけではなく、生きていく上での目的・考え方、宗教、そして茶道具や茶室に飾る美術品など、広い分野にまたがる総合芸術として発展した。

薄茶

薄茶( うすちゃ )

抹茶の一。製法は濃い茶と変わらないが、古木でないチャの葉から製するもの。また、それでたてた茶。濃い茶より抹茶の量を少なくする。おうす。

抹茶(まっちゃ)の一種。比較的樹齢の若い茶の木から製する。濃茶(こいちゃ)に対する。茶道においては薄茶点前(てまえ)をさす。これは一人に一碗ずつ薄めにあわ立ててたてるもので、飲みまわすことなく、茶道具も濃茶に対して手軽なものが用いられる。

抹茶(まっちゃ)の一種であり、その抹茶を使用して点(た)てる薄茶点前(てまえ)の略称。濃茶(こいちゃ)に対する語。薄茶と濃茶とは茶質による違いであり、それによって点て方にも違いが生じる。葉茶壺(つぼ)に保存する場合、濃茶に使用する葉茶は白い袋に詰めて茶壺に入れるものであるが、その濃茶の袋が湿らないように、茶壺いっぱいに葉茶を詰め込み、茶壺の口の封をする。この中の葉茶の部分が薄茶となる。すなわち、濃茶に比べて質の劣る葉茶を粉末にして点てるのが薄茶である。一定した量ではないが、通常薄茶は、おおよそ一服1.75グラムほど使用するものである。濃茶に対する薄茶の語が生まれたのは、天文(てんぶん)年間(1532~55)と考えられる。

点前

点前( てまえ )

茶道用語。手前、建て前ともいう。点茶の作法。茶をたてるには心と体のいずまいが大切で、その所作や作法は流派によって多少の違いがある。

茶道で、抹茶をたてる作法。てまえ。

手前とも書き、建て前ともいう。茶道の作法のうち茶をたてたり、炉や風炉に炭を入れる所作。ふつうの点前を平(ひら)点前といい、薄茶(うすちゃ)の平点前と濃茶(こいちゃ)の平点前とがある。炉または風炉に炭を入れる所作は炭点前という。

茶の湯の用語の一つで、茶を点ずるための順序、手続をいう。抹茶を点ずる、または点(た)てるしかたには濃茶(こいちや)と薄茶の区別がある。濃茶は練る、薄茶を点てるといい、その手続を濃茶点前、薄茶点前という。これは飲料としての抹茶の点前であるが、茶の湯には別に炉中(夏季は風炉)に炭を置くための手順、炭手前がある。この場合は〈点ずる〉の文字を用いず、〈手前〉と書くが、〈てまえ〉の意味内容はまったく同じといってよい。

濃茶

濃茶( こいちゃ )

抹茶の一種。被覆栽培された老木の茶葉のうち、萌芽の3葉ほどのところから採取したものを茶臼でひいて抹茶として用いる。使用の茶臼は宇治産の石臼を良とし、また茶葉も宇治の木幡産のものを最良とする。容器は陶製の茶入れを用いる。利休以前は単に御茶と呼び薄茶と区別した。また、茶道における濃茶点前をさし、泡立てないで濃いめに練るようにたて、数名で飲み回しをする (各服だての場合もある) 。古くは「別儀」「無上」「極無上」など品質によって銘をつけていたが、近年は「極上」「初昔」「祖母昔」など、茶道家元によってさまざまの銘がつけられている。

抹茶(まっちゃ)の一種。薄茶に対する。日覆(ひおおい)をした老樹の若芽から製する。茶道の濃茶点前(てまえ)では、用具、作法等が薄茶点前と異なり、数人分を同時に一碗(わん)でたて、これを飲み回す。

茶の湯で用いる抹茶の一種。また、これを用いた点前(てまえ)。多量の抹茶を少量の湯で溶かして練り、どろりとした茶となる。普通、人数分を一つの茶碗で一度に練り、客は順にまわし飲みする。従って客の人数は5人程度までとなる。抹茶の量はおおむね1人あたり3gほど。抹茶は、茶の木に新芽が出たらよしずや稲わら、黒の寒冷紗(かんれいしゃ)(目の粗い薄地の織物)などで茶園をおおって20日程度直射日光を遮って育てた若い芽を用いるが、濃茶には、より遮光性の高いおおいを用いて栽培した特にやわらかい葉を用いる。濃茶には樹齢を重ねた古木の新芽を用いるが、近年は濃茶に適した品種や栽培法が工夫されている。濃茶用の抹茶で薄茶をたてることもあるが、薄茶用の抹茶は濃茶用よりも苦みや渋みがあるため、高濃度で用いる濃茶には適さない。「おこい」ともいう。また、濃茶は「練る」という。

宴会が主客の交わりを深め、さらに緊密な結びつきをつくりだす寄合の場であったように、茶会もまたそこに同座する主客の結合をつくりあげる点に主要な目的があった。こうした目的に添った茶会でのふるまいには、たとえば濃茶(こいちや)のまわし飲みがある。一碗にたてた濃茶を正客から末座の客まで、場合によっては亭主も加わって全員でまわし飲む作法であるが、これは共同体などで仲間の盟約を堅固にするために行われる共同飲食の習慣と同じであり、酒礼の盃の応酬になぞらえて始められたものであろう。

茶会

茶会( ちゃかい )

喫茶を中心とした会合で茶事,茶湯興行,古くは「ちゃのえ」とも呼んだ。その初めは寺院での引茶 (ひきちゃ。挽茶,施茶とも書く) で、仏前に供えた茶の余りを衆僧に施す儀式であり、鎌倉時代には抹茶を用いた大茶盛があった。世俗の茶会は室町時代の闘茶会で茶寄合もそれであった。茶道成立後は客を招き一定の式作法により茶を出すことをいい、記録 (茶会記) には亭主の名を記して何某の会としている。茶会の形式と内容は次第に複雑になり、時間上から、正午、夜咄 (よばなし)、暁、朝、飯後 (はんご)、不時、跡見、独客の茶会の8種がある。また季節上から大福 (おおぶく。王服,大服とも書く。元日の祝儀の茶で梅干,昆布などを加えて多量にたてる) 、春 (1月 15日以後の茶会) 、風炉、名残 (なごり。残茶ともいう。口切後約1年の 10月中頃~11月初め頃に催す)、口切 (炉開きの頃茶壺の封を切り、その茶をひいて催す) の茶会の別がある。

客を招いて、作法にのっとって茶をたて、もてなす会。茶の湯の会。さかい。

飲茶(いんちゃ)を中心とした会の総称。茶会という場合、現在二つのとらえ方がある。一つは、千利休(せんのりきゅう)による茶道成立後、前席で懐石(かいせき)、中立(なかだち)があり後席で濃茶(こいちゃ)と薄茶(うすちゃ)を喫するという、茶事の名で通称される茶会、一つは、薄茶や濃茶の席に点心(てんしん)がついた現代風の茶会である。茶会の語は唐代の詩人銭起(せんき)の詩句にみえ、文人の間でたしなまれた喫茶の会のことであった。日本では宋(そう)代禅院での茶礼が規準となった禅院茶礼が鎌倉時代におこり、南北朝の玄恵(げんえ)法印作とされる『喫茶往来』にその源流がみられた。その後「茶寄合(ちゃよりあい)」としての闘茶(とうちゃ)会が流行し、会所の時代を経て書院風建築の中での式法の整った会が生まれ、村田珠光(じゅこう)による草庵(そうあん)茶が創案されて庶民への浸透が図られた。一期一会(いちごいちえ)を観念とした一味同心、一座建立の精神が掲揚され、奈良の塗師(ぬし)松屋による『松屋会記』、堺(さかい)の豪商津田宗達(そうたつ)・宗及(そうきゅう)による『天王寺屋(てんのうじや)会記』などの茶会記録が残されるようになった。

茶頭

茶頭( さどう )

近世、茶事をつかさどるかしら。「茶道」「茶堂」とも書き、茶坊主の意にも用いる。

茶の湯のことにあたった者。茶堂、茶道とも書き、「ちゃどう」ともいう。茶の湯の古い文献にこの語は見当たらない。安土(あづち)桃山時代、不住庵梅雪(ばいせつ)、千宗易(そうえき)(利休)、今井宗久(そうきゅう)、津田宗及(そうきゅう)らが織田信長・豊臣(とよとみ)秀吉の茶頭となっている。江戸時代になり、とりわけ元和(げんな)から寛永(かんえい)(1615~44)にかけて、「江戸は数寄ばやり」といわれたほど茶事が盛んになった。古田織部や小堀遠州が将軍の茶湯(ちゃのゆ)指南にあずかる一方で、城中では柳営(りゅうえい)(幕府)茶道頭が定められ、地方各藩にも茶道方というような職掌ができた。茶道頭は、織部が2代将軍秀忠(ひでただ)に点茶法を授けたころ、すでに職制として定められており、当時、茶道頭の原田清次郎維利は現米70石を給されていた。1616年(元和2)徳川家康の没後駿府(すんぷ)を引き揚げた中野笑雲は、江戸に宅地と現米50石が与えられ茶道頭に用いられている。寛永から寛文(かんぶん)(1624~73)にかけては幕府の職制も整備され、御茶道頭が御数寄屋頭と改称され、その下に組頭、坊主、露次(ろじ)の者が配されるようになる。

〈さどう〉〈ちゃどう〉両様のよみ方があって一定しない。茶立人として諸侯に仕えた茶頭(さどう)と区別して〈ちゃどう〉とよませる場合もある。中国から移入された喫茶の習慣は、室町時代に茶の湯という芸能へと発展するにともない、独自の茶の道具やふるまい、思想、さらに茶のための建築や室礼(部屋の飾り方)などの要素をそなえるにいたった。

侘び茶

侘び茶( わびちゃ )

わび茶(侘茶、侘び茶)は、狭義には茶の湯の一様式。書院における豪華な茶の湯に対し、村田珠光以後、安土桃山時代に流行し、千利休が完成させた茶の湯で、簡素簡略の境地すなわち「わび」の精神を重んじたもの。また広義には、千利休系統の茶道全体を指す。

茶の湯の一。道具や調度の豪奢(ごうしゃ)を排して、簡素静寂な境地を重んじたもの。村田珠光が始め、武野紹鴎(たけのじょうおう)を経て千利休が大成。

茶の湯の一形態。村田珠光が興した草庵の茶に始まる、侘びを重んじる茶。武野紹鷗をへて、千利休により大成された。

「わび茶」という言葉が出来るのは江戸時代であり、村田珠光や千利休らが存命であった時代にはなかった。利休が生きていた安土桃山時代に「侘数寄」「わび数寄」という言葉がすでに見られるが(『山上宗二記』)、これはわび茶のことではなく「名物を持たぬ茶人」のことを指した。ただしわび茶という言葉がなかったからわび茶がなかったわけではなく、利休が追求した草庵の茶こそまさしく「わび茶」であった。
なお、江戸時代中期(元禄期)ごろ成立の『南方録』には「わび茶」と同義と思われる「侘茶湯」という語が見える。